予防は、歯磨きや食生活に気をつけるとともに、歯科医と協力して行っていくことが

大切です。むし歯や歯周病の初期は自覚症状が少なく自分ではわかりにくいものです。

定期的に検診を受けて、これらの病気をチェックしましょう。

 

 今日は過ごしやすい一日でした。

 次のスーパー30度はいつでしょう。

予防定期検診をうけましょう

 痛くならないうちに処置を受ける 歯が病気にかかると自然に治るということはありません。

 歯の大切さを考えたらできるだけむし歯にならないよう、予防に力をいれるのは必要です。

 

 毎日暑い日が続きます。カレンダー的にはこれからが夏本番と思うのですが・・

 

 

歯はむし歯になれば元に戻ることはありません。また、義歯や冠などの人工物は時間とともに

古くなっていきます。

むし歯の早期発見・早期治療は肉体的、時間的、金銭的な負担を軽くします。

定期検診により早期発見と早期治療が行えます。

歯石や歯垢をとることで歯がきれいになり爽快な気分になります。

定期検診で維持管理を行った場合、歯周病などの治療を受けなかった場合と比較して失った歯は

減少します。定期検診受けることは、その後の治療の結果に繋がるといえるでしょう。

 

 

 

 

 

6月29日 (木曜日)

 講習会出席のため休診致します。

  よろしくお願い致します。

定期検診の重要性

 口の中は自分ではなかなか見づらく、鏡でみてもごく一部しか見えないものです。

 自己チェックには限界があり、早期発見のためにも歯科医院で定期的に検診をうける

 ことが重要になります。

定期検診ですること

 歯石の除去

 虫歯や歯周病がないかを検査・治療

 ブラッシングの再確認・・歯磨きの不十分なところを指摘しブラッシング指導を行う

 生活習慣指導

 フッ素塗布などの虫歯予防

 

  30周年とのことだが、5年くらい前から いいな と認識。

  エレカシ さいこーです。

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Other